2007年06月02日

鎌倉について 歴史風土を堪能できます!

12世紀末から14世紀半ばの1333年まで幕府がおかれ、飛鳥、奈良、京都などに次ぎ、日本の政治・文化に重要な位置を占めてきた。現在の鎌倉は、古都保存法によって乱開発が規制され、歴史的風土を残し、多くの古社寺や史跡が残る(ただし、奈良や京都などに比較して圧倒的に文化財建造物は少なく、国宝建造物は円覚寺舎利殿1棟のみ)。東京に近く、市が観光振興に力を入れていることもあり、観光文化都市として繁栄している。また、近代に入ってからの鎌倉には鎌倉文士と呼ばれる作家、美術家などの文化人の一部が住んだり、ドラマや小説などの舞台となったことがあることも特筆される。

このページでは、「歴史都市」「観光文化都市」としての「鎌倉」について述べることとする。
【出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』】


日本国内のお寺、歴史風土を見る旅行がしたい――
そんなときにあがるのは、京都が真っ先ではないでしょうか。
奈良も含めて、関西地域に比較的多いですよね。

そんな中、関東圏の歴史風土が楽しめるといったら、
なんといっても、鎌倉ではないでしょうか。

いいくに(1192年)つくろう、鎌倉幕府

で有名な鎌倉ですね。歴史の年表が一番出やすいのが、
この鎌倉ではないでしょうか。
それだけ古い歴史を持つわけですから、
鎌倉には、当時の歴史を堪能できる寺社が数多く残されています。

ぜひ、歴史風土を楽しむならば、鎌倉へ。
あじさいがキレイな6月は、見どころも満載!
あじさいがメインの明月院は必見です!


【鎌倉にある代表的な寺社リスト】

mark.gif鎌倉にある有名なお寺リスト
posted by ajisai at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。