2007年06月01日

あじさい寺(明月院)に行ったときのこと

あじさいと言えば、なんといってもあじさい寺(明月院)。

ここのあじさいを楽しまないと、6月の梅雨がもったいない。
でも、あじさいを楽しむ上でこれがあればもっといいというのが、
霧雨上の雨。

どしゃぶりは困りますが、あじさいを楽しむならば、
しっとりした雰囲気で見ると、もっとあじさいが映えます。
実は自分がいったときはいつも霧雨。
本当にいつもあじさいを絶好の環境の中で楽しんでいます。
下手をすれば、雨男ということもいえますが。

とはいうものの、これまであじさいを楽しむ時に
いつも最高の状態であじさいを楽しめたことは本当によかったです。


さて、さらにあじさいを楽しむ、あじさい寺を楽しむ。
そんなときにお薦めしたいのが、あじさい寺(明月院)内にある
茶屋です。チャージがやたら高いのは気になりますが、
このあじさいに囲まれた最高の場であれば、
致し方ないのかもしれませんね。
それよりも、このあじさいに囲まれた環境を
おもいっきり楽しむ方が先決だったりします。

何はともあれ、何が言いたいかというと、
あじさいを楽しみながら、お茶を楽しむ。
これ、最高な贅沢なわけです。あじさいファンとしては、
たまらないわけです。

ぜひ、6月に鎌倉を旅行をするときは、
あじさい寺(明月院)、そしてあじさい寺の茶屋を
忘れないでくださいね。

【あじさいを楽しむ、あじさいファンのBlog】

mark.gifあじさい(紫陽花)楽しむ鎌倉旅行!

posted by ajisai at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | あじさい寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。