2007年06月02日

あじさいを楽しもう! あじさい寺「明月院」

あじさいを楽しむのなら、やっぱり「鎌倉」

中でも有名なのが、そのあじさいの名前そのままに、
「あじさい寺」と呼ばれている明月院です。


あたり一面がすべてうっすらとした青のあじさいで囲まれていて、
あじさいの魅力を存分に堪能できます。
はじめての方は、その壮観にびっくりすることでしょう。


ここからは、あじさい寺「明月院」に関する情報です。

山ノ内上杉家の祖、関東管領上杉憲方は密室守厳を開山として、明月院を開創した。憲方の没年は応永元年(1394年)で、それ以前の開創である。

なお、寺伝では、平治の乱で没した首藤俊通(しゅどうとしみち)の菩提の為、永暦元年(1160年)、その子の経俊が「明月庵」を建立したのが草創とされ、上杉憲方は中興者とされているが、実際の開基は上杉憲方とみるのが通説である。

明月院は、禅興寺という寺の塔頭(たっちゅう、子院)であったが、本体の禅興寺は明治初年頃に廃絶し、明月院のみが残っている。

禅興寺の起源は鎌倉幕府5代執権北条時頼にまで遡る。時頼は別邸に持仏堂を造営し、最明寺と名付けたが、時頼の死後は廃絶していた。時頼の息子の北条時宗は蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)を開山としてこれを再興し、禅興寺と改名した。

現在は、「あじさい寺」として有名で、花のシーズンにはたいへんな混雑をみせる。この寺でアジサイを植えたのはさほど古い事ではなく、「手入れが比較的楽だから」という理由で植えたものが次第に有名になったという。アジサイの他にも1年中花が絶えず、紅葉でも知られる。
【出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』】


【あじさい寺・明月院のリンク】


mark.gifあじさい寺・明月院
posted by ajisai at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | あじさい寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

あじさい(紫陽花)寺、明月院の感想

あじさい(紫陽花)寺と呼ばれる明月院に
初めて行ったのは、2002年のこと。

サイトであじさい(紫陽花)寺のことを調べていて、
ものすごく混むというので、平日に休みをとって
朝早い時間にあじさい(紫陽花)寺を見に、
北鎌倉駅に向かったんですね。


とはいうものの、さすがあじさい(紫陽花)のシーズン。
全国からあじさい(紫陽花)ファンが集まっているんでしょうね。
平日、午前中というのに、あじさい(紫陽花)寺の前には
すでに多くの人の行列が。。。。(苦笑

あとで分かったことですが、
あじさい(紫陽花)シーズン、しかも週末に行くと、
混む時には、あじさい(紫陽花)寺から北鎌倉駅近く迄、
行列ができることもあるとのこと。

正直、平日でこれだけの人数になるわけですから、
あじさい(紫陽花)を堪能するのならば、
平日に行った方がいいですね。
なかなか仕事を持っている身としては、
難しいかもしれませんが。。。。(苦笑


それとあじさい(紫陽花)寺で忘れてはいけないのが、
あじさい(紫陽花)寺の奥の方にある「菖蒲の池」です。
こちらは、期間限定でしか解放されていません。
また、あじさい(紫陽花)寺の意向で、
1番の見ごろのときしかオープンにしていません。
ですから、もし、開放されているようならば、
追加料金がとられますが、絶対に見ることをお薦めします。


あじさい(紫陽花)ファンとしては、
本当に楽しみなシーズンである、6月。梅雨のシーズン。
毎年、このあじさい(紫陽花)を
存分に楽しんでいきたいと思っています。
posted by ajisai at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | あじさい寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あじさい寺(明月院)に行ったときのこと

あじさいと言えば、なんといってもあじさい寺(明月院)。

ここのあじさいを楽しまないと、6月の梅雨がもったいない。
でも、あじさいを楽しむ上でこれがあればもっといいというのが、
霧雨上の雨。

どしゃぶりは困りますが、あじさいを楽しむならば、
しっとりした雰囲気で見ると、もっとあじさいが映えます。
実は自分がいったときはいつも霧雨。
本当にいつもあじさいを絶好の環境の中で楽しんでいます。
下手をすれば、雨男ということもいえますが。

とはいうものの、これまであじさいを楽しむ時に
いつも最高の状態であじさいを楽しめたことは本当によかったです。


さて、さらにあじさいを楽しむ、あじさい寺を楽しむ。
そんなときにお薦めしたいのが、あじさい寺(明月院)内にある
茶屋です。チャージがやたら高いのは気になりますが、
このあじさいに囲まれた最高の場であれば、
致し方ないのかもしれませんね。
それよりも、このあじさいに囲まれた環境を
おもいっきり楽しむ方が先決だったりします。

何はともあれ、何が言いたいかというと、
あじさいを楽しみながら、お茶を楽しむ。
これ、最高な贅沢なわけです。あじさいファンとしては、
たまらないわけです。

ぜひ、6月に鎌倉を旅行をするときは、
あじさい寺(明月院)、そしてあじさい寺の茶屋を
忘れないでくださいね。

【あじさいを楽しむ、あじさいファンのBlog】

mark.gifあじさい(紫陽花)楽しむ鎌倉旅行!

posted by ajisai at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | あじさい寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。